高校生でもFXはできる!海外FX口座は18歳以上で親の同意不要【国内と海外の違いも】
高校生でもFXはできる!国内と海外の違いも解説

こんな疑問をお持ちではありませんか?

  • 高校生でもFXで稼ぐことができるって本当?
  • 18歳以上なら未成年でもFX口座が開設できる取引所は?
  • 海外のFX業者なら親の同意がなくても未成年が口座開設できるの?

この記事ではそんな疑問をお持ちの方に向けて、高校生でもFX口座を解説できる国内の業者、日本で高校生が口座開設できるFX業者が少ない理由、国内と海外の違い、高校生がFXを始める際の注意事項などをまとめてみました。

高校生でもFX口座を開設可能な国内の業者

18歳以上なら口座開設が可能なSBI FXトレード

高校生でも満18歳以上であればFX口座を開設できる数少ない国内のFX業者として知られているのがSBI FXトレードです。

トレイダーズ証券のように満18歳以上なら口座開設が可能としながらも、規約に「高校生は除く」と明記されている業者もありますが、SBI FXトレードなら高校生でも口座開設可能です。

ただし、親権者の同意は必ず必要なので、親に内緒で口座を開設することはできません。

こちらがSBI FXトレードで未成年者が口座開設する際に必要な書類です。

満18歳以上20歳未満の方が口座開設する際の必要書類-SBI FXトレード

出典:SBI FXトレード公式サイト

満18歳以上20歳未満の未成年者が口座開設するためには、こちらの3点の書類を準備する必要があります。

SBI FXトレードで未成年者が口座開設する際に必要な書類
  1. 法定代理人であることを証する書面
    (親権者全員と未成年者本人の続柄が記載された戸籍謄本)
  2. 法定代理人の本人確認書類
    (免許証等の本人確認ができる書類・法定代理人の人数分必要)
  3. 未成年者の取引に関する同意書

これらの必要書類をSBI FXトレード社宛に送付した後、口座開設の審査を通過すれば口座が開設されます。

既婚者なら未成年でも親に内緒で口座開設可能

未成年の場合は基本的に親に内緒でFX口座を開設することはできませんが、唯一例外があります。

それは、18歳以上で既に結婚されている場合です。

SBI FXトレード公式サイトの「未成年者における必要書類」の下には以下のような記載がありました。

【18歳以上20歳未満で既婚のお客様】

未成年でも婚姻している場合には、上記①、②、③の書類は必要ございません。ただし、婚姻証明書類の提出が必要となります。

引用元:未成年者(満18歳以上20歳未満)における口座開設について(SBI FXトレード公式サイト)

未成年でも18歳以上で結婚している場合は、親の同意書などは不要で婚姻証明書を提出するだけでOKです。

つまり、親に内緒で口座開設ができるというわけです。

日本で高校生が口座開設できる業者が少ない理由

民法の規定で未成年の法律行為が制限されている

2019年3月現在、日本国内で高校生が口座開設できる業者は非常に少ないです。

その理由は、民法第5条で未成年者は法定代理人(親権者)の同意を得ずに法律行為をすることはできないという原則が定められているからです。

法律行為にはFXの口座開設手続きも含まれます。

参考URL:民法第5条・未成年者の法律行為(Wikibooks)

2022年4月施行の改正民法で変わる可能性も

ただし、この現状は将来的には変わる可能性もあります。

ご存知の方も多いかと思いますが、2018年6月に「民法の一部を改正する法律案」が参議院本会議で可決されて、民法で定められている成人の年齢を20歳から18歳に引き下げることが決まりました。

参考URL:民法の一部を改正する法律(成年年齢関係)について(法務省公式サイト)

この改正民法は2022年4月から施行されます。

2022年4月からは、民法第5条の”未成年者”は20歳未満ではなく18歳未満ということになりますので、それに伴い18歳以上から口座開設が可能なFX業者も増えることが予想されます。

成人年齢の引き下げの目的の一つに、18、19歳の若者が自らの判断で人生を選択できる環境を整備するということが含まれているそうなので、FX取引も人生の選択肢の一つとして自由にできるようになるといいですよね。

未成年者契約取り消しのトラブル事例

一方で、民法第5条には未成年を保護するという意味合いもあったため、成人年齢の引き下げにより若者の消費者被害が増えるのではという懸念の声もあります。

実際、未成年の契約によるトラブルは多発していますが、現在の法律では20歳未満の未成年がFXなどの投資で多額の損失を出してしまったとしても、未成年であることを証明さえすれば契約の取り消しが可能です。

しかし、2022年4月からは未成年が20歳未満ではなく18歳未満になるので、18歳を超えたら大人と同レベルの判断能力・責任能力が求められることになります。

海外のFX業者は18歳以上なら親に内緒で口座開設可能

日本では一般的にFXの口座開設には満20歳~満80歳という年齢制限が設けられていますが、海外ではほとんどの業者が18歳以上なら親の同意書なしで口座開設が可能です。

海外のFX業者で口座開設するために必要な書類は業者によっても異なりますが、基本的には以下の書類を用意すれば口座を開設できます。

海外のFX業で口座開設する際に必要な書類
  1. 本人確認書類
    (パスポートまたはその他の公的な身分証明書のコピー)
  2. 住所証明書
    (住民票または6ヵ月以内の公共料金の請求書住所が確認できる書類)

海外の口座を開設するには英語力が必要なのではと思われるかもしれませんが、最近は日本語対応の業者も増えているので、英語力に自信がなくても口座開設は可能です。

高校生がFXを始める際の注意事項

取引を始める前にデモトレードで練習すること

FXを始める準備段階として、しっかり勉強して基礎知識を身につけるのは非常に大切なことです。

高校生の場合、社会人と比べて自由に使える時間があるというメリットがありますので、本や動画などでFXのトレード手法や資金管理について勉強しておくとよいでしょう。

また、勉強するだけではなく、実際にデモトレードで経験を積むことも同じくらい大切です。

デモトレードというのは実際に資金を入れずに、バーチャルトレードを行うシステムで、損失を出すリスクなしにゲーム感覚で経験を積むことができます。

デモトレードでいろいろな手法を試すことで自分に合う手法がわかり、自分なりの成功パターンを身につけることができますし、損切りのタイミングなどもわかるようになりますので、まずはデモトレで十分練習を積みましょう。

レバレッジをかけすぎないこと

FXの魅力はレバレッジをかけることで少ない資金で大きな利益を得られることです。

ただし、高いレバレッジをかければ、それだけ失敗した時の損失も大きくなります。

実際、強制ロスカットにあってFXを止めてしまう方も多いのです。

特に、最初の頃にギャンブル感覚で勝てると、調子に乗ってポジションを取りすぎて大きな損失を出してしまうケースも多いです。

強制ロスカットに合わないためにも資金管理はしっかり行うように心がけましょう。

まとめ

この記事では、高校生でもFX口座を解説できる国内の業者、日本で高校生が口座開設できるFX業者が少ない理由、国内と海外の違い、高校生がFXを始める際の注意事項などについてまとめてみました。

この記事のまとめ

  • 2019年3月現在、日本国内で高校生が口座開設できる業者は非常に少ない
  • SBI FXトレードなら高校生でも満18歳以上であればFX口座を開設できる
  • SBI FXトレードで18歳以上20歳未満の方が口座開設するためには基本的に親の同意書が必要だが、既に結婚されている場合は親の同意書は不要
  • 海外ではほとんどの業者が18歳以上なら親の同意書なしで口座開設が可能
  • 2022年4月からは民法第5条の”未成年者”は20歳未満ではなく18歳未満ということになるため、日本でも18歳以上から口座開設が可能なFX業者も増える可能性もある
  • FXを始める準備段階として、しっかり勉強して基礎知識を身につけることとデモトレードで経験を積むことは非常に大切
  • 最初の頃にギャンブル感覚で勝てると、調子に乗ってポジションを取りすぎて大きな損失を出してしまうケースも多いので、資金管理をしっかり行うことも大切