トラリピ運用資金【最低いくらから開始できる?】5万・10万・100万

こんな疑問をお持ちではありませんか?

  • トラリピの運用資金って最低いくら必要?
  • トラリピは5万円とか10万円とかの少額からでも始められる?
  • トラリピで資産運用するなら最低100万円は用意した方がいいって聞いたけど、その理由は?

この記事ではそんな疑問をお持ちの方に向けて、トラリピで必要な資金の算出方法、10万円を元手にトラリピ運用している方の運用実績、必要証拠金が大幅に安くなるハーフアンドハーフ、最低でも30万円から始めることが推奨されている理由、5万~10万程度の少額から始められたい方におすすめのサービスなどについてまとめてみました。

マネースクエア

トラリピで必要な資金の算出法・初心者向けの資産運用法の場合は?

マネースクエアが公開している必要資金の計算式

トラリピに必要な資金の計算式

出典:トラリピFX.com

マネースクエアが運営している「トラリピFX.com」というサイトでは、FX初心者向けに人気の高金利通貨で“500円を積み重ねる資産運用”の具体的な方法が公開されています。

その中で必要資金の目安を知るための計算式が紹介されていました。

その計算式は

仕掛ける通貨ペアのレート×1000×21÷3

だそうです。

マネースクエアの推奨レバレッジは3倍程度

この式に登場する「×1,000」・「×21」・「÷3」の意味はこちらのとおりです。

「×1,000」・「×21」・「÷3」の意味
  • 「×1,000」について
    リピートイフダンを1本あたり1,000通貨で仕掛けるという意味
  • 「×21」について
    リピートイフダンを合計で21本仕掛けるという意味
  • 「÷3」について
    レバレッジを3倍程度に抑えるという意味

“500円を積み重ねる資産運用”の基本的な戦略は、1,000通貨で500円の利益を継続して得ることです。

500円の利益を長期間積み重ねることにより、将来的に確実に大きな利益を狙っていくという方針なので、できるかぎりリスクを抑えることを重視しています。

リスクを抑えるためにもレバレッジは最大でも3倍程度が推奨されています。

人気の高金利通貨でトラリピを始めるのに必要な資金は?

トルコリラなら約14万円からスタートできる!

この計算式に基づいて、人気の高金利通貨でトラリピをスタートするにはどれくらいの資金が必要か実際に計算してみたいと思います。

2019年1月21日のトルコリラ/円の終値20.56円で計算してみると

トルコリラ/円でトラリピ運用する場合の必要資金

20.56円 × 1,000 × 21 ÷ 3 = 143,920円

トルコリラ/円でトラリピを開始する際に必要な資金の目安は約14万円という結果になりました。

トルコリラは2018年8月に急落し、過去最安値を更新しました。

トルコ情勢の不安定さから、取引を推奨しないという意見もありますが、10万~20万円程度の少ない資金でトラリピを始めたい方にはチャンスかもしれません。

豪ドルの場合は約55万円の資金が必要

トルコリラと同じく高金利通貨として人気の豪ドルの場合はどうでしょうか?

2019年1月21日の豪ドル/円の終値78.49円で計算してみると

トルコリラ/円でトラリピ運用する場合の必要資金

78.49円 × 1,000 × 21 ÷ 3 = 549,430円

豪ドル/円でトラリピを開始する際に必要な資金の目安は約55万円という結果になりました。

オーストラリアは経済成長が続き、財務的にも安定していることから、豪ドル/円は長期投資に向いていると言われていますが、トルコリラの3倍以上の資金が必要となってしまうようですね。

10万円でもトラリピはできる!必要証拠金を安く済ませる方法は?

10万円を元手にトラリピ運用している方の運用実績は?

トラリピは少額の資金ではできないと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は設定次第では10万円程度からでもスタート可能です。

実際に軍資金10万円でトラリピを運用されている方もいらっしゃいます。

10万円を元手に高金利通貨として人気のトルコリラでトラリピを運用している方がTwitterで運用実績を公開していたので、ご紹介します。

この方は1週間ちょっとで+930円の利益が出ているようですね。

ハーフアンドハーフなら証拠金が大幅に安くなる!

トラリピのハーフアンドハーフ

出典:マネースクエア公式サイト

先程ご紹介した10万円を元手にトラリピをしている方のコメントの中に

「ハーフアンドハーフで設定したうちの・・・」

とありましたが、ハーフアンドハーフの意味がわからないという方もいらっしゃると思いますので説明します。

ハーフアンドハーフとは

トラリピを仕掛けるレンジ(範囲)を決めたら、そのレンジ内の上半分に売りのトラリピ、下半分に買いのトラリピ を仕掛けるトラリピ戦略です

ハーフアンドハーフのメリットはなんといっても必要資金を安く抑えることが可能なことです。

ハーフアンドハーフで必要な証拠金は、売り・買いのいずれか高い方の金額となります。

そのため、通常のトラリピと比較して、証拠金必要額は約半分、評価損を含む必要な資金量は約1/3以下に抑えることができます。

少ない資金でトラリピを始めたい方はハーフアンドハーフから始めてみるといいかもしれませんね。

最低でも30万円は必要?5万~10万円の資金しか用意できない場合は?

有名ブロガーの鈴さんは最低でも30万円から始めることを推奨

トラリピ運用で月20万円程度の不労所得を得ているという有名ブロガーの鈴さんは、最低でも30万円から始めることを推奨しています。

トラリピ初心者でまずは10万円から試してみたいという方からの質問に対して、自分だったら10万円ではやらないと回答しています。

相場を予想できない初心者の場合は幅広いレンジに仕掛ける必要があるため、最低でも30万円くらいは必要だとのこと。

ロスカットのリスクを避けるための最低ラインは30万円?

他のブロガーの方々の意見を見ても

  • 10万円でスタートすると暴落が起きたときにロスカットされてしまう可能性が高いので30万円以上はほしい
  • ギリギリでの運用はロスカットの危険があるので、最低40万円は口座に入れておきたい

など、ロスカットのリスクを避けるためにも、30万~40万円程度がトラリピ開始時の必要資金の最低ラインだとする声が目立ちました。

実際、マネースクエアが公表したデータを見ると、資金とロスカット率には明確な逆相関関係が存在していることがわかります。

2012年1月~2016年12月までの5年間のロスカット率は、200万円以上の口座では5.1%だったのに対し、10万円未満の口座では30.3%と約6倍に跳ね上がっているのです。

参考記事:トラリピで【勝てる相場と負ける相場】を徹底調査!過去の事例で

軍資金5万~10万程度の方には少額から始められるFX nanoもおすすめ

少額から始められるパートナーズFX nano

出典:マネーパートナーズ公式サイト

「ロスカットのリスクを避けるためには最低30万円は必要というのは理解できるけど、FXは始めてだし、できれば5万円くらいの少額からスタートしたい」という方もいらっしゃると思います。

そんな方には、マネパの相性でおなじみのマネーパートナーズの「パートナーズFX nano」がおすすめです。

「パートナーズFX nano」はトラリピのようなFX自動売買を少額から始めたいという方に大人気のサービスです。

トラリピなどの一般的なFXのサービスでは最低取引単位は1,000通貨ですが、1,000通貨で数十本程度の取引の設定をすると、最低でも10万~20万円程度の証拠金が必要となります。

しかし、「パートナーズFX nano」の場合は100通貨から取引ができるため、少ない資金から始めることが可能です。

実際に利用している方からも

「100円単位の取り引きができる会社は勉強中の私にとって貴重な存在です」

「100通貨単位で取引できるので初心者がはじめるには垣根が低くてよい」

などという声が多いそうです。

少ない資金しか用意できない方だけではなく、FX初心者でまずは少額で勉強しながら取引してみたいという方にもおすすめです。

詳しく知りたい方は公式サイトもチェックしてみてください。

チェック⇒ パートナーズFX nano(マネーパートナーズ公式サイト)

トラリピで必要な資金・最低必要金額・少額から始められるサービスまとめ

この記事ではトラリピで必要な資金の算出方法、10万円を元手にトラリピ運用している方の運用実績、必要証拠金が大幅に安くなるハーフアンドハーフ、最低でも30万円から始めることが推奨されている理由、5万~10万程度の少額から始められたい方におすすめのサービスなどについてご紹介しました。

この記事のまとめ

  • マネースクエアが運営している「トラリピFX.com」というサイトでは、FX初心者向けに人気の高金利通貨で“500円を積み重ねる資産運用”の具体的な方法と必要な資金の計算式が公開されている
  • 「トラリピFX.com」ではリスクを抑えるためにもレバレッジは最大でも3倍程度が推奨されている
  • 「トラリピFX.com」の計算式を元に2019年1月現在のレートで計算すると、トルコリラ/円でトラリピを開始する際に必要な資金の目安は約14万円で豪ドル/円の場合は約55万円
  • トラリピは設定次第では10万円程度からでもスタート可能で、実際に10万を元手に運用している方もいる
  • ハーフアンドハーフにすると、必要な証拠金は、売り・買いのいずれか高い方の金額なので、証拠金必要額は約半分、評価損を含む必要な資金量は約1/3以下に抑えることが可能
  • トラリピ運用で月20万円程度の不労所得を得ているという有名ブロガーの鈴さんは最低でも30万円から始めることを推奨
  • ロスカットのリスクを避けるためにも、30万~40万円程度がトラリピ開始時の必要資金の最低ラインだという意見も多い
  • 軍資金5万~10万程度の方には少額から始められるマネーパートナーズの「パートナーズFX nano」がおすすめ
  • 「パートナーズFX nano」では100通貨から取引ができるため、少ない資金から始めることが可能

マネースクエア

参考URL

「トラリピ」&「高金利通貨」で500円の利益を積み重ねる!M2Jのトラリピを使った資産運用

M2JFX Q&A:ハーフ&ハーフとはなんですか?(マネースクエア公式サイト)

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ公式サイト)